キャッシングの業者によって借入可能な限度額・極度額が異なる?

業者によって借入限度額が異なる?

借入限度額は利用する業者によって異なります。
将来的にまとまったお金を借りたいと思っているのであれば、借入限度額が多いところを選びましょう。
基本的に最初は50万円以下の限度額に設定されますが、地道に信頼を得ていけば、少しずつ増額していくことが可能です。

また、借入限度額を比較した場合、消費者金融よりも銀行カードローンの方が大きいです。
やはり銀行だけあって、当然といえば当然だといえます。
その代わり、利用開始まで時間がかかったり、審査が厳しいという問題もあります。

利用限度額の決め方

お金を借りる場合に気になるのが利用限度額だと思います。
自分は一体いくらまで借りられるのか気になりますよね?
利用限度額は申し込み者によって異なり、その基準となるのが総量規制と審査です。

総量規制とは年収3分の1以上はお金を借りることができないという法律のことです。
年収300万円の方だと100万円以上の借入はできませんし、いくらお願いしても貸してはくれません。
これは1社ではなく、全ての消費者金融を合わせた借入総額になります。
ちなみに銀行は総量規制の対象外です。

審査とはこの人にお金を貸しても大丈夫なのか判断する作業のことです。
年収や勤務先、勤続年数、勤務形態、居住年数、同居人の有無、現在・過去の借入状況や返済状況などがチェックされます。
評価が低ければ利用限度額が少なくなり、評価が高ければ利用限度額も多くなります。

この総量規制と審査の結果をふまえて、利用限度額決定します。
信用情報に事故情報が記録されている場合は、利用限度額うんぬんの前にお金を借りること自体が非常に難しいです。