大手の消費者金融でキャッシングできる最高借入限度額は?

大手消費者金融の借入限度額は?

消費者金融の借入限度額は基本的に300万円または500万円です。
プロミスやアコム、アイフルといった大手消費者金融になると500万円というケースがほとんどです。
50万円以下の借入であれば、本人確認書のみの提出で問題ありませんが、それ以上の借入を希望する場合は収入証明書が必要になります。
消費者金融の場合は総量規制の影響を受けてしまうので、年収3分の1までしか借入することができないので注意してください。

銀行カードローンの借入限度額は?

銀行カードローンは消費者金融よりも借入限度額が基本的に多く、金利も低いです。
消費者金融よりも審査は厳しいですが、まとまったお金を借りたいのであれば、銀行カードローンをおすすめします。
借入限度額は銀行によって大きく変わります。
三菱東京UFJ銀行・じぶん銀行・楽天銀行の場合は500万円、三井住友銀行・イオン銀行・オリックス銀行の場合は800万円ですが、みずほ銀行になると借入限度額は1000万円です。

銀行カードローンは総量規制の影響を受けないため、年収3分の1以上の借入も可能です。
消費者金融で既に年収3分の1以上の借入をしていても銀行カードローンであれば、借りられる可能性があります。

限度額マックスまで借りられるの?

基本的に限度額マックスまで借りるのは不可能だと思っていいでしょう。
特に消費者金融となるとなおさら難しくなります。
なぜなら、総量規制の問題があるからです。

借入限度額が500万円だった場合、年収が1500万円以上ないとマックスまで借りることができません。
年収1500万円以上稼いでいる人なんて限られています。
一般の会社員がせいぜい借りることができても200万円程度がいいところです。

銀行カードローンの場合は総量規制の影響を受けないので、まだ望みがあります。
しかし、年収がそれ相応ないといけませんし、他社から借入している場合は相当厳しいです。