審査時間の短さ・スピードで人気の消費者金融のおすすめは?

審査スピードに定評があるおすすめの消費者金融

3

当日中のキャッシングを希望される場合、審査スピードがカギを握ります。
審査が遅い業者だと当日中の借入が難しくなるので、少しでも早いところを選ばないといけません。
そのため、必然的に銀行カードローンは除外され、消費者金融から選ぶことになります。

審査スピードを重視してキャッシングサービスを選ぶなら、大手消費者金融がいいでしょう。
中でもプロミスは審査が早いことで有名で、最短30分で審査結果が届き、利用開始まで1時間程度です。
さらに申し込み方法が他の消費者金融よりも簡単なので、初めての方でも時間をかけずに借入できます。
自動契約機も設置しているため、21時までに申し込みを済ませば、即日融資が可能です。
「とにかくスピードにこだわりたい!」という場合はプロミスをおすすめします。

1社だけだと不安な場合は?

急ぎでなければ気になりませんが、今日中にどうしてもお金が必要になった場合、1社だけだと断れた時が不安という方もいるはずです。
たしかにキャッシングの申し込みをしたからといって絶対にお金を貸してくれるわけではありません。
とはいってもあまりにも年収が低かったり、信用情報に傷がついていない限り、キャッシングサービスの審査に落ちることはないです。
しかし、それでも不安という場合、2社同時申し込みをするという選択肢もあります。

複数申し込みが禁止されているわけではないので、アコムとアイフルに同時に申し込むことも可能です。
これならどちらか片方に断られたとしても、もう片方さえ審査に通れば、当日中の借入ができますし、無事に両方審査に通った場合、利用
できる金額が大きくなります。

ただし、短期間で何度も何度も申し込むのは控えるようにしてください。
2社同時申し込みをして、両方とも落ちてしまった場合はしばらく申し込みを控えましょう。
1社ならまだしも2社とも落ちるということは、何かしらの大きな原因があり、それが解消されない限り、どこに申し込んでも断られる可能
性が高いです。
ムキになって色々な消費者金融に申し込みをしてしまうと信用情報の評価が悪くなり、さらに審査が不利になります。
2社とも落ちてしまった場合、何が原因なのかじっくりと考えてそれを解消してから再度申し込みをしてください。
基本的に6ヶ月間程度間隔を空ければ問題ありません。

在籍確認がない消費者金融もある?

会社のお休みが土日で在籍確認が取れず、その日のうちにお金を借りられないというケースも考えられます。
基本的に在籍確認が取れないとお金を借りることはできません。
このような場合、どのようにしてキャッシングサービスを選べばいいのでしょうか?

キャッシングサービスに申し込むと在籍確認が行われるのが一般的ですが、例外もあります。
知らない方が多いかもしれませんが、プロミスのように会社名が分かる書類を提出すれば在籍確認を回避できるところや、アコムのように在籍確認を後回しにして、先にお金を貸してくれるところがあるのです。

在籍確認不要の消費者金融もあるので、会社がお休みの時に急にお金が必要になっても安心してください。
ただし、消費者金融によって条件が異なるのでしっかりと確認してから申し込みをしましょう。